借地権の使用形態ごとの評価

借地権とは、地代を支払い土地を借りて使用する権利のことです。主に普通借地権定期借地権があります。

 

普通借地権の場合の評価方法

借りている土地を、実際に自分が所有し使用する土地(自用地)であるとして評価した額に、借地権割合を乗じて計算します。

  • 普通借地権の相続税評価額=自用地評価額×借地権割合

 

定期借地権の場合の評価方法

定期借地権は、一般定期借地権・事業用定期借地権・建物譲渡特約付定期借地権の3つに分けることが出来ます。普通借地権よりも地主(土地の所有者)の権利が強めであると言えます。

定期借地権の場合の相続税評価額は、借地権者が、相続開始時に帰属する経済的な利益とその存続期間を考慮した割合を乗じて評価します。

  • 定期借地権の相続税評価額=自用地評価額 × 設定時における定期借地権割合 × 逓減率

 

相続財産の評価について

【お問合せ受付時間】月〜金 9:00〜19:00
※18時以降はお電話に出られない場合がございます。予めご了承ください。

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

松山相続税申告相談センターでは、相続税に関するご相談を初回無料で受付けております。松山以外の方のご相談もお受けしておりますので、まずはフリーダイヤルよりお気軽にお問合せ下さい。

  • 初回60分~90分無料相談はこちら
  • 事務所案内
  • アクセス

Contents Menu

事務所所在地

  • 税理士法人 片山会計
    千舟町オフィス
    【松山市駅から徒歩3分】


    〒790-0011
    愛媛県松山市千舟町四丁目3番地7号
    青野ビル1階113号室

  • 税理士法人 片山会計
    松山本社


    〒790-0914
    愛媛県松山市三町
    三丁目12番14号

  • 税理士法人 片山会計
    今治事務所


    〒794-0813
    愛媛県今治市衣干町2丁目2番62号
    1F

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方