生前対策と相続税

相続税のための生前対策について、松山相続税申告相談センターの専門家が「節税対策」「納税対策」「遺産分割対策」についてそれぞれご案内いたします。

相続税申告は税理士の業務の中でも特に難易度が高く、専門特化している事務所は全国でみてもあまり多くありません。
松山相続税申告相談センターは、松山を中心に相続税に関する無料相談を実施しておりますので、「今のうちに何ができるのか」「これから何をすべきか」といった相続税に関するご相談をお待ちしております。

初回は完全無料ですのでどうぞご遠慮なくご活用ください。

 

早いうちに!専門家の関与が大切!節税対策

相続税の基礎控除額は法律で計算式が定められておりますので、比較的容易に求めることができます。
そのなかで、財産額と基礎控除額をふまえて「将来は相続税が発生しそうだ」という場合には、生前に対策をすることが、将来の相続税を軽減するための節税対策です。

この節税のための生前贈与で最もポピュラーな方法が現金を贈与することです。
ご存知の方も多いですが、贈与税は年間110万円まで非課税となっており、この非課税枠である110万円を有効活用して生前贈与をされる方は少なくありません。

しかしながら、相続税申告において、この現金の贈与が「たしかに生前贈与であった」というお墨付きをもらうには双方の意思が明確になっているうえで、実態が伴っているかどうかも判断されます。

例えば、定期的に子の口座へ振り込むだけでは「そこに双方の意思があったかどうか」が明確になっていないため、生前贈与と認めてくれません。
そうすると生前贈与を活用した節税対策の意味を成しませんので、税務署が贈与と認めるにはどのような方法があるかを確認しなければなりません。

なお、節税対策には不動産や保険の活用、法人の設立といった様々な方法がありますが、選択を誤まると必要以上に税金が発生することもありますので、専門家の関与が重要です。

 

現金の準備!納税対策

相続税は原則として、現金で一括納付とされています。
そのため、いざという時に現金を準備しなければなりません。相続税の納付期限は、相続開始の翌日から10ヶ月以内ときまっていますので、場合によっては相続人がこの数ヶ月の期間で何十万~何百万の現金を用意しなければならない という事態に陥ってしまうこともあります。

そういったことを防ぐ為の納税対策として一般的な方法に生命保険の活用が挙げられます。
生命保険の死亡給付金による非課税枠は、相続人×500万円まである他、保険会社によってはお亡くなりになってから1週間前後で現金を受け取れることができます。

被相続人の財産である預金を頼るという手もありますが、スムーズに手続きをしても解約を申込んでから払い出しまでは2ヶ月くらいかかるのが一般的です。
他にも方法はありますので、専門家に相談し、「自分たちにあった対策方法」を見つけることが大切です。

 

円満相続を実現する!遺産分割対策

遺産相続において、もっともトラブルの原因になりやすい部分が遺産の分け方です。
被相続人の財産の状況はもちろん、生前の被相続人への関与や相続人同士の関係性といった感情が交差します。大切な方を亡くした悲しみや多額の財産を目の前にして冷静な判断ができなくなる方も少なくはありません。

これまで仲のいい家族であったのに、相続をきっかけに絶縁状態になってしまったという悲しいお話を耳にすることもあります。
自分の家族や親族が財産のことで揉めることがないように取れる方法で一番手軽なものが、遺言書の作成です。

遺言書に

  • 誰に
  • 何を
  • どのくらい相続させる

を明記しておくことによって、円滑に相続手続きを進めることが可能です。
また昨今では民事信託(家族信託)という方法を用いて、従来の相続法では実現ができなかった遺産承継を形にすることもできます。

 

どの分野においても対策は正しい知識をもった専門家と早めに考えておくことが重要です。
松山相続税申告相談センターでは、松山でトップクラスの専門家が無料相談から親身に対応いたしますので些細なことでもお気軽にご相談ください。

少しでもお客様のお困り事の解決の糸口となるアドバイスができれば幸いです。
松山相続税申告相談センターの相談は初回完全無料です。これまで多くの方にご利用いただいておりますのでどうぞご安心ください。

生前対策と相続税について

【お問合せ受付時間】月〜金 9:00〜19:00
※18時以降はお電話に出られない場合がございます。予めご了承ください。

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

松山相続税申告相談センターでは、相続税に関するご相談を初回無料で受付けております。松山以外の方のご相談もお受けしておりますので、まずはフリーダイヤルよりお気軽にお問合せ下さい。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方