相談事例

松山の方より相続税に関するご相談

2020年11月18日

Q:相続税について詳しく税理士の先生に教えていただきたいです。(松山)

松山在住の40代主婦です。先日、松山の実家に住む父が亡くなり、現在相続手続きを進めています。その中で、相続税について分からず悩んでおります。父は土地や不動産を持っており、また預貯金もあるので、おそらく相続税の申告が必要になるかと思われます。しかし、相続税の手続きの流れや課税対象と非課税対象の区別など、相続の知識を持たない私からすると分からないことだらけです。さらに、相続税の申告期限もあるそうで、私も家庭がありますのであまり時間をかけることができません。税理士の先生、相続税について詳しく教えていただけないでしょうか?(松山)

 

A:相続税の手続きは複雑な為、専門家に相談することをお勧めします。

相続税については複雑ですので、混乱なさることも多いでしょう。相続税についてのご説明はいたしますが、ご相談者様のように知識がない状態で手続きを行うのは難しいと思われますので、ぜひとも専門家にご相談することをお勧めします。

まず、相続税には課税対象と非課税対象があります。具体例をそれぞれご説明いたします。

【課税対象の相続財産】

  • 土地、家屋 、土地に有する権利
  • 構築物
  • 事業用、農業用財産
  • 有価証券、預貯金
  • 家庭用財産
  • 乗り物
  • みなし相続財産
  • 相続や遺贈により財産を取得した人が被相続人の死亡前3年以内に受けた贈与
  • その他

【非課税の相続財産】

  • ​祭祀財産(墓地・仏壇・仏具等)
  • 国や地方公共団体、特定の公益法人に寄附した財産
  • 心身障害者共済制度に基づいて支給される給付金を受ける権利
  • 生命保険金(相続人が受取った生命保険金のうち「500万円×法定相続人数」まで非課税)
  • 死亡退職金の一部(②相続人が受取った退職金のうち「500万円×法定相続人数」まで非課税)
  • その他

 

これを踏まえ、ご相談者様には以下のように相続手続きを行っていただきます。

①客観的に相続人同士の相続関係を証明する上で必要な、相続人の調査を行います。
②名義変更、遺産分割や財産の相続税申告などを進めていく上で、相続財産の正しい調査を行います。
③遺産分割を決めるための話し合いである遺産分割協議を相続人全員で行います。
④基礎控除の金額を遺産総額が超える場合、相続税申告が必要となります。
⑤預貯金や不動産など相続財産の名義変更を行います。

 

このように、相続税に関する手続きは多岐にわたります。さらに、相続税申告の期限もあり、守れないとペナルティがあります。相続税に慣れている方はあまりいらっしゃらないと思われますのでぜひとも専門家にご相談することをお勧めします。松山相続申告相談センターでは、相続税の専門家である税理士が多数在籍しております。初回無料相談も実施し、相続税に関する様々な悩みに丁寧に対応させていただきます。相続税について何か不安なことやお困り事がありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。松山の皆様のご利用を心よりお待ちしております。

【お問合せ受付時間】月〜金 9:00〜19:00
※18時以降はお電話に出られない場合がございます。予めご了承ください。

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

松山相続税申告相談センターでは、相続税に関するご相談を初回無料で受付けております。松山以外の方のご相談もお受けしておりますので、まずはフリーダイヤルよりお気軽にお問合せ下さい。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方