相続税申告に関するご相談事例をご紹介いたします。

相続税申告

松山の方より相続税についてのご相談

2020年09月04日

Q:税理士の先生への依頼は敷居が高いので、自分自身で相続税申告の手続きをしたいのですが可能でしょうか。(松山)

松山在住の50代の主婦です。先日松山市内の病院で夫が亡くなりました。お葬式を済ませ、現在は相続手続きに着手し始めたところです。相続人は私と社会人の息子の2人です。相続財産は預貯金、家や土地などがあり、相続税を支払わなければならないようです。相続税の申告のための書類収集には時間がかかり、さらに手続きも煩雑であると聞きましたが、税理士の先生に依頼するとお金もかかるので息子は相続税の申告に関する計算や手続きは自分たちでやった方が良いと言っています。しかし、私も息子も仕事をしていますので、相続税の申告手続きだけに集中することは難しい状況です。何事も初めて尽くしですので、はじめから専門家へお願いした方がよいのでしょうか。そもそも知識や経験のない一般人が、税理士の手を借りることなく手続きをすることは可能ですか?(松山)

 

A:相続税の申告は個人でも行えますが、相続税専門の税理士に依頼することをお勧めします。

相続税の申告は申告納税制度ですので、ご自身で手続きをすることは可能です。しかしながら税理士のなかにも、相続税申告のプロとそうでない税理士がいるくらい相続税の申告は専門的知識を要する分野です。相続税の申告は内容が複雑で、専門的な知識のないまま申告をすると間違いが出てくる可能性があります。間違って申告をすると、過少申告加算税や延滞税などのペナルティが加算される可能性がありますので、最初から税理士へ依頼した方が間違いもなく安心と言えます。

ご相談者様はお仕事もされていて忙しく、相続税の申告手続きだけに時間を割けないとの事ですが、相続税申告には期限が設けられているので早急に手続きを進めなければなりません。さらに、相続税申告前に済ませていなければならない遺産分割協議では多くの時間を費やしますので、早急に相続税申告の手続きに入ることをお勧めします。

また、財産に家や土地が含まれている場合、土地・建物の評価計算や相続登記(名義変更)などを行わなければならず、申告手続きはさらに複雑となることが予想されます。

以上のように、一般の方が手続きをすることは可能ではありますが、相続税申告の手続きは煩雑なうえに、膨大な時間と手間がかかりますので、なるべく早い段階から税理士に依頼することをお勧めします。

 

松山相続税申告相談センターでは、松山にお住まいの皆様の相続税申告、相続手続き、各種名義変更など相続税申告の案件を数多く担当させて頂いております。松山相続税申告相談センターでは、相続税に関するお手続きはもちろん、幅広い相続のご相談に対応させていただいた実績があります。松山相続税申告相談センターでは、松山にお住まいの皆様のお役にたてる様、誠心誠意サポートさせていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。松山相続税申告相談センターでは、初回のご相談は無料でお受けしております。スタッフ一同、松山の皆様のご連絡を心よりお待ち申し上げております。

松山の方より相続税申告についてのご相談

2020年08月11日

Q:税理士の先生、遺産分割がまとまらず相続税申告の期限に間に合いそうにないのですがどうすればよいでしょうか。(松山)

松山の実家に住んでいた父が亡くなりました。相続人は子である私と弟の2人です。相続人の確定も済み、相続財産調査では松山市内にある複数の不動産と金融資産があることが確定し、相続税申告が必要になるようです。父は遺言書を残していないので、相続人である私たち兄弟で遺産分割協議によって遺産の分割を決める必要があります。弟は結婚をしてから遠方に住んでおり忙しいようで会うのも難しい為、遺産分割協議がなかなかまとまらず、各種手続きを行うことが厳しい状況です。もう相続が開始されてから半年以上たっておりますが遺産分割がまとまらず、相続税の期限に間に合いそうにありません。相続税申告の延長はできないのでしょうか。(松山)

 

A:まずは期限内に相続税申告と納税をし、後日申告額の調整をしましょう。

相続税申告・納税には被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10か月以内という期限があります。期限が迫っているにもかかわらず遺産分割がまとまっていない場合でも、まずは期限内に法定相続分で相続税申告と納税をします。この場合は、「小規模宅地等の特例」や「配偶者の税額軽減の特例」の適用をして相続税額を計算することはできませんのでご注意ください。

申告・納税したあとに遺産分割がまとまったら、実際の相続税額が申告した相続税申告額よりも多い場合は「修正申告」をして差額を納税します。申告した相続税申告額よりも少ない場合は「更正の請求」をして差額を還付してもらいます。なお、「小規模宅地等の特例」や「配偶者の税額軽減の特例」の適用は、「申告期限後3年以内に分割された場合」等、一定の要件を充たしていれば認められることもあります。申告する際に、相続税申告書と「申告期限後3年以内の分割見込書」をあわせて提出しましょう。

松山近郊にお住まいの方、被相続人の最後の住所地が松山だった方で相続税申告の手続きが分からないという方や、上記のような相続税に関するご相談なら松山相続税申告相談センターにぜひご相談ください。相続税申告の経験豊富な税理士が松山にお住まいの皆様のご相談を丁寧にお伺いさせて頂き、最善の方法をご案内いたします。初回のご相談は無料ですので、わからないことやご不安に感じていることがあれば、お気軽にお問い合わせください。松山で相続税に関するご相談なら、当センターの相続税専門の税理士にお任せください。

松山の方より相続税についてのご相談

2020年07月13日

Q:税理士の先生にご質問です。亡くなった夫の死亡保険金を受け取りました。相続税に関わってくるのでしょうか?(松山)

先月の初めに松山で一緒に暮らしていた夫が持病の為、亡くなりました。現在は悲しみの中葬儀を終え、これから夫の遺してくれた財産の相続手続きを娘と一緒に進めていこうと思っております。相続人は妻である私と、娘の2人となります。夫の遺してくれた財産には、松山で住まいとしている自宅の他、預貯金と株式を多く所有していたこともあり、恐らく相続税申告が必要となるかと思います。また、夫が契約者となって支払いをしていた死亡保険金2000万円があり、妻である私が受取人となっていましたので、既に手続きを行い受け取りも完了しております。相続税申告の手続きに関しても不安ですが、受け取った保険金が相続税の課税対象になるかという点も気になっているので、税理士の先生にお答えいただければと思います。(松山)

 

A:お受取りの死亡保険金額が非課税限度額以下であれば、相続税の課税対象にはなりませんので、確認してみましょう。

被相続人の死亡により取得した生命保険金で、その保険料の全額もしくは一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。つまり、旦那様が契約者となって支払いをしていたということですので、課税の対象になるということですね。ただし、生命保険金には非課税限度額の設定があり、非課税限度額は法定相続人1人につき500万円と定められております。この限度額を超えた金額の部分が課税対象となりますので確認をしましょう。なお、相続人以外が取得した死亡保険金については非課税の適用はされません。死亡保険金の非課税限度額の計算方法につきましては下記のとおりになります。

 

<死亡保険金の非課税限度額の計算>

  • 死亡保険金の非課税限度額=500万円×法定相続人の数

 

今回ご相談頂いた内容ですと、ご相談者様とお嬢様の2人が法定相続人となりますので、非課税限度額は1000万円となります。したがって、2000万円の死亡保険金のうち課税対象となるのは1000万円ということになります。

民法上では、死亡保険金は受取人固有の財産として見なされます。よって、相続財産には含まれず、遺産分割協議の対象とはなりません。しかし、税法上では、みなし相続財産という扱いになり、相続税の課税対象となってきます。保険の契約者が被相続人である場合には金額によっては相続税が発生ということにもなりますので、保険の契約内容は必ず確認をしておくように注意しましょう。

今回頂いたご相談のように、亡くなられた方が生命保険を契約・加入していた場合その契約内容によっては相続税の課税対象となる可能性がありますので、ご自身の判断が難しい場合は、必ず専門家の税理士へと相談をする事をおすすめいたします。

 

松山相続税申告相談センターでは、相続税に関する手続きにおいてももちろん、相続の幅広い相続のご相談を対応させていただいた実績があります。相続は、人生において何度も経験するものではありませんので、ご不安やご心配が多く出てくることもあります。松山にお住まいの皆様のお役にたてる様、誠心誠意サポートさせていただきますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。当松山相続税申告相談センターでは、初回のご相談に関しまして無料で行わせて頂きますので、ぜひご活用下さい。

【お問合せ受付時間】月〜金 9:00〜19:00
※18時以降はお電話に出られない場合がございます。予めご了承ください。

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

松山相続税申告相談センターでは、相続税に関するご相談を初回無料で受付けております。松山以外の方のご相談もお受けしておりますので、まずはフリーダイヤルよりお気軽にお問合せ下さい。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続税申告に強い税理士の正しい選び方